お花が咲きました。

私は早く結果が欲しいタイプだと思います。せっかちだし、目に見える効果が大好きです。しかし、師匠は、この世の自然は、タネを植えてから、実をつけるまでには時間がかかるのが自然です。とおっしゃいました。

ケシーさんに会いたい一心で、大阪のセミナーへ行った時に、この話をしてくださいました。

あれから1年で、なんとなく、良い状態で待つを実行出来ているのではないかと言う、ところまでこれました。

今まで、焦って手をつけ、結実しなかった事いっぱいあります。卍易に出会って、読み取れるようになると、なぜ結実しなかったのが、わかりました。

今年は激動の一年でしたが、チューリップのリベンジだけは忘れないように、準備しました。

去年は枯らしたチューリップの水耕栽培を、今年は小さいけれど誇らしく咲いた花に、ちょっとだけ、自分を重ねてみた日です。

関連記事

  1. 無事卒業できました。

  2. 風水を学んでみて

  3. 卍易のすごいところ

  4. 風水を置いてみて思うこと。

  5. 初回風水設置後の私

  6. 割れ、欠けの悪影響とは1