風水を置いてみて思うこと。

風水は最大でも1年から1年半で撤去していただくようになっています。

風水師になって、自分に風水が処方できるとなると、めちゃくちゃ嬉しくってバンバン置いて、研究しておりますw

これは自分の体感と表れる現象や心の変化など、風水師としてまず感じておきたいことがたくさんあるからです。

風水設置してみて思うのが、卍易習う前の自分は完全に頭で考えていることと、心がチグハグでした。

卍易を深め、風水を置いてみると、

「本当はどうしたいの?」と尋ねられているような、事象がよく起きます。

心がざわざわすることが起こるたびに、本当の自分の心に尋ねるようになって、少しずつ、頭と心がおぼろげながら繋がってきた感じです。

まだまだ日々、学びが多くて、受け取る情報量が増えているのはすごく感じます。

物事が起きる→感情が湧く→本当はどうしたいか自分に聞く

この繰り返しで、頭と心のねじれをとるような感じですね。

本日も努力を積み重ねていますw

関連記事

  1. 割れ、欠けの悪影響とは1

  2. 明日で風水の設置が完了します。

  3. お花が咲きました。

  4. 夜泣きパート2

  5. 初回風水設置後の私

  6. 割れ、欠けの悪影響とは2